社員証・職員証の作成なら、高品質・低価格の“良いカード.jp"。社員・職員の皆様が誇れる1枚をデザインします。

良いカード.jpの株式会社バリオ

10:00~18:00
(土・日・祝除く)

Shinya Takeshi's Blog

トランプの4年間と、民主主義について

2020年11月19日更新

 こんにちは。このたび、弊社株式会社バリオのホームページを刷新致しました!
ご利用される皆様にとって、見やすく、わかりやすいホームページを目指して、適宜更新して参ります。
今後ともご指導・ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

 さて、前回投稿が2017年3月・・・(^^;トランプさんが大統領に就任して、今後4年間の世界の行く末に、かなりの絶望感を抱きつつ、子供たちの未来のために無謀な戦争だけは引き起こしてくれるな、と心より祈っていたものでした。

 トランプ大統領在任中の4年間、アメリカは多国協調主義を放棄して、ひとりアメリカの繁栄のみを追求する行動をとり続けました。世界経済の3割近くを占め、世界通貨ドルの発行権限を持ち、かつ世界を圧倒する軍事力を誇る国が、「パックス・アメリカーナ」(アメリカによる平和)を放棄することの衝撃は図り知れないものがあり、世界はその〈舵取り役〉を失い、その間隙を縫って、世界にその影響力を誇示・拡大しようと目論む中国やロシアの台頭を許す結果となりました。

 ここ一年あまり、自らの『レガシー』を残そうと、中国への関税圧力などを盛んに行いましたが、中国にはすっかり足元を見られ、結局は大した成果も上げることが出来ませんでした。

 以前のブログにも書きましたが、世界から流入する移民を受け入れながら成長する「アメリカ」という国は、《宇宙船地球号》が、将来にわたって繁栄できるか否かの、まさに“運命(さだめ)”を背負っている国家なのです。
 トランプ大統領は、そうしたアメリカの建国理念や、アメリカが世界で果たすべき役割を知らずに、ただ「大統領」になりたかっただけの人物であった、と思わざるを得ません。

 第二次世界大戦を引き起こした「ヒトラー」が、当時のドイツにて民主主義的手続きを得て権力を手に入れた過程を、民主主義国家に生きる我々は、いま一度学ぶ必要があるでしょう。
 この日本も、「大正デモクラシー」という言葉に象徴されるように、戦前から「帝国主義」を標榜していたのではなく、政党政治、議員内閣制による、現代日本とさして変わらない民主主義国家であったことを、どれだけの日本人が理解しているのでしょうか。
 そして、民主主義先進国?であるアメリカに住まう人々も、再度「民主主義とは何か?」を見つめなおす時期にあるのかも知れません。

 様々なことを、考え直し、見つめなおす機会を与えてくれた、この4年間でした。

 

 

君が君であるために(僕が僕であるために)

2017年5月13日更新

人は「出会いと別れ」を繰り返す。

 

それが人生だと、この年齢になって改めて思い知らされた春でした。

まだ、私が若かりしころ、日本各地で「仕事」を求めてさまよっていた頃、よく尾崎の「僕が僕であるために」 という歌を口ずさんでいました。

 

この春に別れた君に、今は届かないかもしれません。が、どこかの街で、改めて新しい人生を歩む君へ、 祈りと共にこの曲を送ります。

—————————————————————————————

心 すれ違う 悲しい生きざまに ため息 もらしていた

だけど この目に映る この街で僕は ずっと 生きて ゆかなければ

人を傷つけることに 目をふせるけど 優しさを口にすれば 人はみな 傷ついてゆく

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

僕は街にのまれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに 愛していた

誰が いけないと 言うわけでもないけど 人はみな わがままだ

慣れあいの様に暮らしても 君を傷つけてばかりさ

こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから

君が君であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

君は街に飲まれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

僕は街にのまれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

「僕が僕であるために」作詞/作曲 尾崎 豊

イギリスのEU離脱について。

2016年7月1日更新

こんにちは!毎度ながら、不定期な投稿になります・・汗。

 

今回は、いきなり世界情勢の「不安定要素」となったイギリスのEU離脱について、私見を述べたいと思います。

 

イギリスのEU離脱については、当初、その可能性について「まさか、そんなことはあるまい!」と世界中が思っていたはずです。

しかしながら、投票によって決することに「まさか」などという言葉がいかに「不適当」なものか、改めて思い知らされた『教訓』となりました。

 

投票の結果、「離脱」との結論に至ったあと、主に「経済」についての影響が論じられていますが、それ以上に考えなければならない大きな「問題」が発生しました。

 

それは、「イギリス国家の解体」です。

 

「イギリス」という国家は、元を正せば現在でも「連合国家」であり、4つの国がまとまって形成された「国」でありました。
しかし、今回の結果を受けて、それぞれの「国」が連合を組むことにメリットを感じることが出来ず、連合を解体する方向(各々が独立する)で動き出しています。

 

イギリスは今、「国際連合」(国連)において、安全保障理事会(アメリカ・イギリス・フランス・中国・ロシア、略して「安保理」)のメンバーであり、世界秩序の最終決定権を持つ、重要な国家の一つなのです。
その「イギリス」という国家が解体され、分裂したと仮定したら、国連に加盟する国々が、イギリスの「安保理」構成国としての『資格』を認めるでしょうか?

 

万が一、今回の件でイギリスが安保理からも「離脱」することがあるとすれば、世界の「パワーバランス」が大きく
崩れることになり、終息に向かいつつある「イスラム国」問題以上の、大きな波乱要因となることは必至です。

 

現在の世界情勢を考えると、「中国」「ロシア」の“拡張主義”(自国の領土、勢力圏を広げようとすること)は明白です。
安保理を構成する5か国は、第二次世界大戦における「戦勝国」であり、それが現在まで継続されていることについての疑義はさておき、冷戦時においては「西側(アメリカ・イギリス・フランス)」と、「東側(中国・ロシア:旧“ソ連”)」に分かれて、西側の意思が有利に反映されてきたのです。

 

しかしながら、この5か国からイギリスがいなくなれば、中国やロシアの“暴走”を止める役割を国連が担うことは、ほぼ『不可能』となるでしょう。

 

私は、そのことによる未来への「影響」が、心配でなりません・・・。

 

『世界史』を勉強したことがある人たちは、イギリスがかつて「日の沈まない国」として、世界に君臨したことはご存知かと思います。
しかし、今回の投票で最も大きな影響を与えたのは、世界中からイギリスに流入する「移民」の問題でした。

 

その昔、世界中に「植民地」を作り、世界中の人々を抑圧して、そこから獲得した“富”を集めて影響力を行使した『イギリス』という国家が、21世紀になって、「理想国家、イギリス」を目指して入国した人々を許容することが出来ずに、4つの“小国”に解体する危機を迎えているという『皮肉』を、イギリスの人々がどのように感じているのか、聞いてみたい気分です。

 

誤解を恐れずあえて言えば、「独立したい!」と主張するイギリス連合を構成する各“国家”も、その歴史において、「イギリス」であったことにより得た利益は、充分にあったのではないですか?と。

 

いま、自分たちが「間違った」方向に進もうとしているのであれば、今からでも全力を尽くして「正しい」方向に舵を切りなおす努力をすべきではないか、と、心から願って止みません。

「杞憂」は、現実となるのか???

2016年5月6日更新

こんばんは!

何と、今年初の書き込みとなりました><。大変申し訳ありません・・・汗。

 

色々とお伝えしたいことはありましたが、正に「光陰矢の如し」。油断すると、このようになってしまうのだと、改めて反省しているところです。

 

さて、昨年最後の投稿にて「トランプ旋風」について書かせていただきました。あれから5ヶ月。

「杞憂」であり、現実には起こりえないであろうと考えていた「トランプ氏」の勝利・・・。

未だに信じることができない、否、信じたくない事実が、我々の目の前に出現することとなりました。

 

「杞憂」(きゆう)とは、昔、中国の“杞”という国に住む人が、空を眺めて“あの空が、落ちて来たらどうしよう??”と心配してばかりいたことから生まれた言葉であり、現実には起こりえないことを心配する様子を指す成語です。

 

今回のアメリカ大統領選挙に注目していた世界中の人々は、いかにトランプ氏が“暴言”を吐いたとしても、アメリカの“良心”が、それを許すはずがないと期待していたはずです。当事者であるアメリカ国民の大半も、同じ気持ちであったのではないでしょうか?

 

万が一にも、トランプ氏が共和党の大統領候補に指名されることはありえない!しかしながら、これまた万が一にも、トランプ氏が指名される状況になったら・・・と、「杞憂」を感じていた人々にとって、その「杞憂」は、残念ながら“現実”に一歩近づいた、と言えるでしょう。

 

彼(トランプ氏)は、『強いアメリカを取り戻す!!!』と連呼しています。それが、アメリカの現状に不満を抱く国民に支持されている、との報道もあります。どこかの国でも、同じようなフレーズを聞いたことがあるような、ないような・・・(笑)。

 

『強さ』とは、『強い国』とは、何を指して言う言葉なのでしょうか?

強さ=戦争に強い国?

強さ=他国に譲歩しない国?

強さ=他国に、自国の主張を全て従わせることができる国?

強さ=自国の繁栄のみ追及して、他国を顧みない国?

強い!強い!強い!・・・。

 

日本のすぐ隣に、「強さ」を自慢する(したい)国家が存在していますが、何故、どこの国も無条件でその国を歓迎していないのでしょうか?

 

答えは明白です。「尊敬」できる国ではないからです。

 

アメリカという国家が「世界の警察」と呼ばれているのは、世界の国々が、アメリカという国家を「尊敬」し、「信用」していたからこそ、です。

 

それを理解せずに、どこかの国のように、自国の利益のみ追及して行動する国家になるとしたら、世界中のどの国が、アメリカを「尊敬」して、「信用」するのでしょうか?

 

大統領選挙の本選まで、あと半年。『アメリカの良心』が、取り戻されることを、切に希望して止みません。

 

未来に生きる子供たちのために・・・。

 

希望に溢れる「宇宙船地球号」の為に・・・。

 

アメリカ大統領選挙について

2015年12月21日更新

こんばんは。

 

現在、アメリカ次期大統領選挙の「予備選」が、佳境を迎えています。共和党の有力候補者「トランプ」氏が、共和党支持者における第一候補として、独走態勢になっています。

 

しばし、過激な言動を危惧される彼が、有権者の支持を集めている構図・・・。はて、歴史を知る私たちは、どこかで見たことのある「風景」と感じることは、杞憂に過ぎないのでしょうか?

 

先の第二次世界大戦前の世界では、日本には「普通選挙制度」が普及し、当時の先進的民主主義国家としての体裁を整えていました。

 

また、ドイツでは、第一次世界大戦の教訓から「ワイマール憲法」が起草され、当時の世界では最も民主的な憲法として評価されました。

 

・・・しかし皮肉にも、先進的民主主義国家であった二つの国が、「戦争国家」として台頭し、そして、敗戦を迎えることとなったのです。

 

『歴史は繰り返す』

何故ですか?人々が「歴史」と「政治」に興味や関心を示さなくなったとき・・・。

「歴史」とは、自分が存在している理由を知るためにあるのです。今の日本では、様々な「自由」が、当たり前の権利として保護されていますが、このような「自由」を得るために、どれだけの年月を必要としたのか・・・。

 

「政治」とは。未来に生きる私たち、子供たち、その先の子孫たちの為に、責任ある行動を考えることです。

 

すなわち「過去」と「未来」が、「歴史」と「政治」なのです。

 

『湾岸戦争』が始まったとき、理由はどうあれ、当時の非人道的独裁者フセイン政権を打倒することには、意義があるものだと考えていました。

 

しかし、戦後にアメリカから聞こえてきたのは「日本でも、先の戦争後に素晴らしい民主主義国家にすることが出来た。

 

イラクも、日本と同じように、アメリカが民主主義国家に変えることが出来る!!」といった発言です。

 

私は、非常に危機感を覚えました。なぜなら、アメリカが「日本」という国を何ら理解していないのだと。また、日本という国家が、どのような過程を経て「軍国主義国家」として変貌したのか、全くもって知ろうともしていないのだ、と。

 

果たして、現在の中東情勢を鑑みるに、皆さんはどのように考えますか?

「アメリカ」という、世界の全てをリードしてきた国家が、人々に「恐怖」を感じさせる国家へと変貌する可能性を示しているのが、正に今回の「トランプ旋風」であるとの危惧を感じずにはいられません。

 

ただ、それ以上に、「アメリカの良心」を期待して止まないのは、『宇宙船地球号』に生きる世界の人々の希望であると、心から祈るばかりです。

1 2 3 4

お問い合わせフォーム 24時間受付・年中無休

ページ上部に戻る