社員証・職員証の作成なら、高品質・低価格の“良いカード.jp"。社員・職員の皆様が誇れる1枚をデザインします。

良いカード.jpの株式会社バリオ

10:00~18:00
(土・日・祝除く)

お知らせ

たゆまぬ変革の努力が、求められる時代。

2021年1月13日更新

 こんにちは。

 緊急事態宣言が1都3県に発令されて、1週間が経過しようとしています。前回のような効果が見込まれない中、遅きに失したとも言われるタイミングでの発令でした。先月には、日本医師会を始めとした各医療機関から、現場体制のひっ迫・崩壊が叫ばれていたにも関わらず、やれ「感染者数の推移を見守ってから」などと悠長なことばかり言っている間に、坂道を転げ落ちるかのように事態は深刻な方向へと。コロナが終息した後、この責任を取ろうとする現政府・与党の議員など、誰一人としていないことだけは明白でしょう。

 ことほど左様に、我々の選択してきた政府(投票率や得票率を勘案して、約2~3割の国民の選択ではあります)が、危機に際して頼りにならない存在であったとは誰が想像できたでしょうか。
 しかし悲しいかな、これが現代日本の「制度」の限界だと、私たちは気づくことができました。前回の投稿にも書きましたが、いま、私たちが住まう日本で起きていることは、戦後日本が享受してきた「平和」という世のなれの果て、なのです。

 明治維新は、250年以上もの泰平の世を謳歌してきた江戸幕府、ならびに庶民が「たった4杯」のアメリカ艦隊のために、目を覚まされた結果です。「鎖国」をすることによって、日本国内の政権は維持できたとしても、それでは日本を守ることができない、と、時の権力者から庶民に至るまで、気が付いて行動した結果なのです。

 コロナ禍にあえぐ、今の日本はどうでしょうか。戦中・戦後世代の皆さまが苦労して築き上げてきた「平和」に甘え、その平和を維持・発展させるための努力を怠ってきたのではないでしょうか。政治や世界の動向に無関心な若者が増え、その結果、
・公職選挙法に違反して逮捕されても、臆面もなく議員の席にしがみ付く議員。
・収賄容疑で送検されても、反省の弁もない議員。
・明らかな公文書偽造を指示し、部下が自殺しても、何も思わない議員や役人トップ。
・後援会の会合費用を第一秘書が補填していた事実を、ロクに調べもしないで、国会にて堂々と「うそ」の答弁を繰り返した元首相。
が、国会にはびこることになっています。「自浄作用」など、臨むべくもありません。

 私たちは、日常で「当たり前」と思っていることでも、「伝統」だからと無自覚・無批判に受け入れるのではなく、今の時代や将来を見据え、より良いものに改善・発展させていく努力が必要です。
 簡単なことではないかもしれませんが、我々一人一人が、少しずつの努力を惜しまなければ、まだまだ日本も「間に合う」はずです。
 
 「たった4杯」で、劇的に変容を遂げることができたDNAが、私たちの身体にもきっとあることを信じて。

「コロナ禍」に終始した1年を振り返って

2020年12月31日更新

こんにちは。

2020年初頭、東京オリンピックの開催に心を躍らせていた我々日本国民にとって、コロナ禍による大混乱の一年に終始するとは、誰が想像できたでしょうか。

3月、子供たちは学校に行くことが出来ず、それどころか、卒業式も入学式も、そのほとんどが保護者の参加を許されず、親子共に寂しい思いをさせられました。

「緊急事態宣言」の発令を受け、企業活動は大幅に制限され、飲食店や観光業は大打撃を被りました。子供たちは、引き続き登校することに制約を受け、我慢を強いられました。

この、前例のない災禍を前にして、ほぼ「無策」と言ってよい対応に終始した安倍前首相は、またもや「腹痛」を理由に政権を放り投げ、「国民の命」よりも、自分の「名誉」を優先するという、却って後世にその「不名誉」を残す決断をしました。後を引き継いだ菅首相も、「寝食を忘れる」どころか「寝食を惜しまず」のご様子で、国民に我慢をお願いするその口から、会食による美味三昧が消える日はなく、国民からの批判により、ようやく「自粛」する始末。

「コロナ」という災禍により、いままで見えてこなかった「真実」が、次々と明るみになったと思います。戦後、日本は確かに「平和」を享受してきました。平和が永続することは、世界に生きる人々にとって永遠の願いです。しかしながら、いつの時代もその「平和」を破ろうと企図するものがあり、それに対して準備のなかった国や個人にとっては、それは「突然に」やって来るのです。

この「コロナ」が蔓延する世界において、その対応を称賛されている国家があります。皆さまご存知の「台湾」です。

台湾は、人口約2,300万人、面積は九州の4分の3ですが、人口12億を擁する大国「中国」からの脅威に、常にさらされています。いわば「常在戦場」を、中国により強いられているのです。台湾の独立に断固として反対する中国は、いつ、いかなる手段で台湾を急襲するかわからず、全ての事象に対応する必要性に、1年365日、晒されているのです。

出来る、出来ないの「理屈」を述べる暇があったら、今、出来ることをすべて行う「気概」がないと、国を守れないのです。

日本政府には、この「コロナ」という災禍を前に、絶対に国民の生命を守り抜くという「気概」が感じられないのです。

また、本当に東京オリンピックを開催したいのなら、世界中に蔓延するコロナを一日でも早く撲滅するために、その叡智を結集して、日本だけでなく、世界のために行動するべきでした。もう、遅きに失しましたが・・・。

 

この「コロナ禍」、来年は「災い転じて福となす」となるよう、私たちも日々の生活を心掛けていきましょう。

弊社ホームページをリニューアルしました

2020年11月9日更新

この度、弊社ホームページをリニューアルしました。
今後も社員証・職員証・学生証・メンバーズカードの作成をご検討されている皆様に有益な情報を発信して参りますので、今後ともよろしくお願いいたします。

お問い合わせフォーム 24時間受付・年中無休

ページ上部に戻る