背景

社員証・学生証・身分証・会員カードの作成は良いカード.jp

お電話
お問い合わせ・お見積もり

「誠実」「安心」な対応で、満足の1枚を。常に最高レベルのサービスをご提供します。

君が君であるために(僕が僕であるために)

投稿日: 2017.05.13 | カテゴリー: スタッフブログ,新着情報

人は「出会いと別れ」を繰り返す。

 

それが人生だと、この年齢になって改めて思い知らされた春でした。

まだ、私が若かりしころ、日本各地で「仕事」を求めてさまよっていた頃、よく尾崎の「僕が僕であるために」 という歌を口ずさんでいました。

 

この春に別れた君に、今は届かないかもしれません。が、どこかの街で、改めて新しい人生を歩む君へ、 祈りと共にこの曲を送ります。

—————————————————————————————

心 すれ違う 悲しい生きざまに ため息 もらしていた

だけど この目に映る この街で僕は ずっと 生きて ゆかなければ

人を傷つけることに 目をふせるけど 優しさを口にすれば 人はみな 傷ついてゆく

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

僕は街にのまれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

別れ際にもう一度 君に確かめておきたいよ こんなに 愛していた

誰が いけないと 言うわけでもないけど 人はみな わがままだ

慣れあいの様に暮らしても 君を傷つけてばかりさ

こんなに君を好きだけど 明日さえ教えてやれないから

君が君であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

君は街に飲まれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

僕が僕であるために 勝ち続けなきゃならない 正しいものは何なのか それがこの胸にわかるまで

僕は街にのまれて 少し 心 許しながら この冷たい街の風に 歌い続けてる

 

「僕が僕であるために」作詞/作曲 尾崎 豊